• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独力で出来ることは何一つない?
先週末から行っていた奈良旅行。
大峰山の登山で思ったこと。

人はこの世に人として生を受けた瞬間から、
100%独力で物事を成し得るなんてことは在りえないのではなかろうか?


大峰山(1719m)は修験道の聖山であり、登り易いわけではありません。
それでも開山以来、先人たち(行者)によって踏み固められた道があり、
石や木でできた階段や小さい渡り橋などが整っています。

今、僕が大峰山の山頂まで行けるのも、これまでの見知らぬ方々の
恩恵に与っているのだなぁ・・・・と感じたわけです。

安全な登山靴があり、衣服があり、杖があり、山頂で食べるお弁当がある。
大峰山までの交通の便があり、大峰山に連れて行ってもらえる縁がある。
登山できるだけの体力と、怪我をしないように工夫できる知識や知恵があり、
経験がある。
この世に生まれ、育てられたお陰で今がある・・・と。

これらは全て、両親をはじめとした身近な人のお陰であることはもちろん、
見知らぬ人の恩恵にも与っているわけです。

僕も人生を通じて、いずれは見知らぬ人に役に立てるようなことを残したいなぁと思いました。

そんなことを考えながら、ゴミを拾いながら下山しました。
それがまた、気持ちよかったです(^^)


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。