• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
許状
茶事を通じて、日本の文化や心のあり方について話す場を提供したいと思っています。
そういった思いから、お茶の許状を目指して頑張ることを心に決めました。
先日のお茶の稽古時に先生に「人に茶事を教えられる許状まで目指して頑張りますので、より厳しくご指導ください。」とお伝えしました。

密かに喜んでくださったように思います(笑)

そんな中で上達のコツをお聞きしました。
「他人の稽古をよく見て、注意されていることをちゃんと聞くこと」

自分の稽古が済んだらさっさと帰るようだと、上達が遅いそうです。
逆に、他人の稽古もじっくり見ている人は、上達が早いそうです。

また、許状でいう「準教授」になれば「薄茶」までは人に教えられるので、
薄茶を教えながら、引き続き「教授(正教授?)」を目指して頑張るらしいです。


さらに、「厳しくいうのは簡単よ。いつも、どう優しく言うかで苦労してるんだから」と。

よよよ、よろしくお願いしますっ m(_ _;)m

頑張ります。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。