• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鶴齢
昨日は、お世話になっている居酒屋さん企画の酒蔵ツアーに参加しました。
鶴齢という蔵で、新潟の塩沢(南魚沼のあたり)にあります。
初めての酒蔵見学でしたので、全てが面白かったです。

蔵の皆さんは、笑顔が爽やかで「いい顔」されてました。

日本酒の好みは人によって様々ですが、
やっぱり日本酒は純米酒に限ります。
特に「純米無ろ過生原酒」が最高。
料理とうまく合った時の感動といったら、言葉を失います。
この世界を知っている人は実に幸福です。
この世界を知った人はまず、「今まで飲んでいたのは何だったのか!?」と
ショックを受けるほどです。


醸造アルコールが添加されている日本酒は、正直好きじゃありません。
日本酒に詳しくない人はどれも一緒だと思いがちですが、全く違います。
「俺は日本酒が好きだ!」っていう人が薦める「美味しい日本酒」も、
僕らの感覚でいうと全く美味しくありません。
なので、そんな人たちから「美味しいよ」と薦められることに、好意はとても嬉しいのですが、
実はとても困ります(苦笑)
原材料に「醸造アルコール」と記載があるだけで、飲む気が失せます。
僕の好きな日本酒は「純米無ろ過生原酒」であり、分かりやすく言うと、
世の中で認知されている「日本酒」とは全く別のものです。

日本にある酒蔵は年々減っており、現在は800を切る状態(激減。酒蔵の経営は非常に厳しい状態)です。
その中で、僕が好きな「純米無ろ過生原酒」を醸している蔵は、どうやら21蔵のみらしいです。
通常の酒屋でも手に入り難いお酒です。

正しく美味しい「純米無ろ過生原酒」を醸すには、大変な手間がかかるようです。
でもそれは、米と麹と水だけで作った真っ正直なお酒。
酒蔵の熱意と情熱、そして誠実さがなければ醸せないお酒です。

鶴齢さんは、真っ当な日本酒を作る酒蔵に変貌しつつある、歴史ある酒蔵です。
日本酒業界自体の認識と方向性が誤っているため、真っ当な日本酒を醸す蔵への
変貌は、とっても勇気が要ります。
鶴齢さんの純米無ろ過生原酒はお店でも飲みますし、自宅でも愛飲しています。
これからもがんばって欲しい、応援している蔵の一つです。


真っ正直なお酒を愛する人が増えて欲しい。
その結果、そういう酒を醸す蔵が増えて欲しい。
世界に誇れる真っ当な日本酒が増えますように!

スポンサーサイト
コメント
鶴齢さん素晴らしかったですね
ツアーご一緒してたんですね。
これからもblogお邪魔させてください。
5StringBJ[URL] 2009/05/13(水) 19:42 [編集]
ほんと超最高でした!
5StringBJさん
コメント、ありがとうございます!
そうなんですー、ご一緒させてもらいました。

5StringBJさんより、ちょっと前の席に座ってました。
真菜板でご一緒できたときには、宜しくお願いいたします。
みつ[URL] 2009/05/14(木) 00:17 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。