• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「本人の意思の弱さだと思います」
芸能人の息子が、覚せい剤で3度目の検挙が報道されていた。
当芸能人のコメントで気になったことがある。

記者「なんでこうなったと思うか?」
芸能人「本人の意思の弱さだと思う」

意志の弱さ・・・かぁ。。
以前であれば僕も率直にその意見に同感した思います。
が、最近はどうも考え方が変わってきてまして。

人は本来意志の弱い存在だと思います。
判りやすく言い換えると、人間なんて所詮、欲望でできているというイメージ。
もちろん中には、意志の強い人もいらっしゃるでしょう。
そんな人は僕からみても「凄いなぁ」と感心しますし、場合によっては尊敬もします。
ただ、意志の強弱についてのみ良い悪いを評価しても意味無きことかと。

なぜ、意志の弱い人間になったのか。
今回の件に絡めた別の言い方をすると、なぜ我慢ができないのか、抑制できないのか、
もっと広義な言い方に替えると「なぜ、犯罪者になってしまったのか」。
そこんところを考え、対処、予防しないとダメなんではないかと。責任の所在を一言で言うと、「結果としてそのように育てた親が悪い」と思うわけです。僕自身、肝に銘じて子育てに真剣に取り組み、子供の人生へ与える責任を背負います。







スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。