• 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事始は満月より新月
凛とした綺麗な満月。
今日は旧暦で3月14日。

雲一つない夜空。窓枠などに反射する青白い月光。
照らし返す青白い月光に、何を想う。
万葉の時代の人々とと同じ月を眺められる。
月が放つ悠久の美しさを感じるひとときに感謝。

物事を始めるのに、満月は避けるべきだそう。
満月の影響を受けて発想する力が強くなりすぎ、
実際に形を成した際にがっかりすることが多いらしい。
逆に満月に一気に原稿を書く作家などは多いらしい。

物事を始めるのに、旧暦の月初めにあたる新月の時が最高だそう。
落ち着いた発想で、実際にはそれ以上の形に繋がることが多く、
新しく始めた物事が継続されるそう。

次の新月(旧暦の月初め)は4/25。
準備しておこうか。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。