• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼ら彼女らの「今」と僕の「今」
夏に中学同窓のプチ同窓会みたいなのがあった。
中学の同窓生とは日常的な繋がりは殆どないんだけど、
大事な友人が誘ってくれて参加できた。

女性は変わりますね~。
男性は変わりませんね~。

中学時代ではあまり話した記憶がない友人たちとも気楽にワイワイやれるのは同窓だからか、
お互いに枯れてきている(枯れる:人柄や技芸が深みのある渋さをもつようになる。円熟する)からなのか。

とにかく楽しかった。
代えがたい、この大切なご縁を大切にしたい。
そんな思いもあり、mixiはよーやらんのだけど、
このプチ同窓会を機にマイミクを少しずつ増やしている。

彼ら彼女らの日記から、彼らの「今」(人間性だとか興味の範囲とか)が少し分かる。
中学卒業してからの僕が知らない期間の集大成が「今」なわけで、
そんな彼らの「今」を日記から垣間見ると、感心したり感動したり。
同じ方向を見ている人も何人かいて、素直に嬉しかったり安心したり。

思えば子供のころ(中学時代も含め)の僕は友達を大事にしてなかったなぁ・・・と人生歩むに連れ猛省。
それを卒業後、遠まわしに指摘くれたのが、文頭の友人。
そんなわけもあって、彼は変わらず、僕の人生における大切な友人。

そんな彼にも、こんな僕とも縁をもってくれる皆さんに心から感謝です。。
僕なんか、まだまだっす。。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。