• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日目① 2009年秋 信州~北陸~伊勢ドライブ旅行
10/4(日) 快晴

どんどん記憶が薄れていく前に書かないと・・・と思いながらも、ようやく4日目。

宿泊したシャロムヒュッテでは、毎朝エコツアー(自然農、パーマカルチャー、森、シャロムのエコな建物の話など)がある。これに参加することが今回の旅のひとつ。

最初に説明されたのは、昨夜20時30分から宿泊者の希望者の「集い」で話していたことの復習的な内容だった。

ポイントは、
・お金を稼ぐ活動が世界中の森林を伐採し、自然破壊~砂漠化を引き起こしている。
・まずは我々自身がその事実を知り、意識改善をし、日常生活でお金やエネルギーを使わないよう工夫・努力をしてほしい。
といったことだろう。

そのための1つの手段ができる範囲からの自給自足。
とはいっても、それが負担が大きくて続かなかったら意味がないので、それを可能にする体系だった考え方がパーマカルチャー。

考えると気が遠くなるほど大変に思える田畑だけど、それを極力負担なくやるためのキーワードは「自然農」かもーと考えていたので、それを実践しているシャルムヒュッテに宿泊し、自然農を観察できるエコツアーに参加したというわけ。

自然農とは、極端なことをいうと、耕さずに種を撒いて、放っておいて、実ったら収穫する農。
耕さないし、雑草と尽きることのない戦いをするわけでもない。
(よくあることだけど)世界的に有名だけど日本では知らない人が多い「福岡正信」さんが先駆者(だと思います)。
もし興味があればお調べあれ。

というわけで、実際に自然農の畑を見学したところ、その一角は、なんと言うか、完璧な感じ(天国というと違ったイメージになるけど、近い感覚)。
ひろーい田畑の一角にあるその場所だけが、植物や昆虫類などの小さな生命が溢れていて、豊かな実りがありグリーンで、あくまでも自然で(枯れたままのひまわりに、きゅうりの蔦がからんできゅうりが生ってたり)、気持ちの良い暖かさ!


そこで自然農の実際の作業について簡単にレクチャーを受けた。
実に衝撃的というか、斬新で簡単なその農作業に驚きました。
パーマカルチャーの理念に適ったやり方だなぁと。
僕の言葉でいうと、人工的なエネルギーを極力使わずに(使うと労力がかかって大変)、自然界にある天然のエネルギーを上手に利用するやり方。(具体例でいうと、水は高いところから低いところに流れ、雑草は日光を遮られたら生えない、日光を遮るものとして生えている雑草自身を利用、その雑草も枯れればそのまま天然肥料になるなど)

パーマカルチャーの本を読むと、それらの考え方がもっと専門的に体系的に説明されており、その効率的・能率的な考えに感動すら覚える。

自然農の畑のあとは、宿泊施設裏にある森の中に創られた「遊び場」。
全て手作りで木の家やピザを焼くかまど、木の上の家、コンポジットトイレなど、ワクワクするようなスペースになっている。
実際に保育として子供を預かってそこで遊ばせているみたい。


嫁と子供はワイワイ騒ぎながら、しばらく遊んでました。


しかし、ここ(パーマカルチャー)はやっぱり凄いな~。。
やはり、藤野町にあるPCCJで、2010年度のコース受講するべきかな~。

さて、10時にチェックアウトし、次の目的にに向かうことに。。(続く)
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。