• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子はかすがい
仕事と家庭のバランス。
仕事に邁進できるのは、心から休まる家庭・家族があってのこと。
仕事に燃えていると、家庭の大切さが見えなくなることが多い。
空気、水、太陽と同じで、「あって当たり前」と無意識に思ってしまうんだろう。
いつでも壊れてしまう、儚いものなのに。
だからこそ、日々のケアが必要なのに。
「子はかすがい」を感じる、今日この頃。

感動したメッセージをweb上に見つけたので、ここで紹介。

******ここから引用*******
 「いてくれるだけでいい」

今、みなさんの身近にはどんな人がいますか。

おとうさん、おかあさん、妻、夫、子供、兄弟、親戚、おじいさん、
おばあさん・・・
恋人、友人、会社関係の人・・・
みんなみんな、自分の周りに自分と同じ時を生きてくれています。
ありがたいことですね・・・
みんなみんな、自分にとって大切な存在です。
どんなに愛し合っていても・・・
どんなに憎みあっていても・・・
いてくれるだけでいい・・・
いてくれるだけでありがたい・・・

また、天使の息子宗一郎のお話をしますね。
彼は、平成十年三月三十一日光の世界に帰りました。
最後の3ヶ月間は、実は病院ではなく自宅で過ごしました。
その時のわたしたちは、必死でした。
なんとかして、病気を治してもとの元気な宗一郎になってほしかったんです。
サイマティックという音で病気を治す器械も購入して使いました。
その他多くのことをやりました。

でも今から思えば、もっともっといっしょに楽しんであげればよかったと
思います。
日に日にやせ衰え、痛みに苦しむ息子を私たち夫婦は、精一杯看病しました。

自分では歩くこともできない息子を背中におんぶして、お風呂にそのままの
姿で入った時、痛みが少しやわらいだ息子の顔はとても幸せそうでした。
支えているわたしも泣きながら、お風呂につかっていました。
いてくれるだけでうれしい!!!
生きていてくれるだけでありがたい!!!

夜は、私と妻の間になって寝るのですが、30分ごとに訪れる痛みをやわら
げるためにわたしたちは、宗一郎の体の位置を変えてさすってやりました。
正直いって、とても辛かったです・・・
でも・・・でも・・・
いてくれるだけでいい・・・
彼がいなくなることがこわかったんでしょうね。

辛い痛みのなかでもできるだけわたしたちに、笑顔をみせようとしていた子
でした。
「おかあさん、ごめんね」
「もっと、元気だったらおかあさん、おとうさんも疲れないのにね」
「おかあさん、ぼくもっと生きたいよ!!!」
痛みがでると、サイマティックでその痛みをやわらげてあげました。
もう、これはいけないなと思い、病院へ連れてゆく車中で・・・
意識があまりさだかではない宗一郎がこう言うんです。
「おとうさん、おかあさん」
「信じあって・助け合って・分かり合って生きてゆくんだよ」
「悲しい時や苦しい時ほど、笑うんだよ」
「自分をせめることが、一番いけないことなんだよ」
などとつよい口調でわたしたちに言うのです。
病院での最後の時・・・
たんが気道を満たして声にならない声で・・・
最後の一言が・・・
「あ り が と う 」なんです。
あさひが昇るときに彼は、静かに光の世界に旅立ちました。

それまで、全身の痛みで抱くことができなかったんですが、最後は母親に
抱かれながら静かに息をひきとりました。
わたしたちは、とても大きな贈り物を宗一郎からいただきました。

まだまだ、未熟者のわたしですが、少しずつでもいいからみなさまにも伝え
させていただければ幸せです。
そこに、あなたはいてくれるだけで幸せです。

光の天使の宗一郎に感謝いたします。

ありがとうございます。
******ここまで引用*******
(引用:http://www10.plala.or.jp/runrun-nana/newpage36.html)
スポンサーサイト
コメント
No title
始めまして。

良い記事をご紹介いただきました。
ありがとうございました。
パック[URL] 2009/09/27(日) 18:18 [編集]
ありがとうございます。
パックさん

はじめまして。
ご丁寧にコメントをいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
みつ[URL] 2009/09/28(月) 09:03 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。