スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼ら彼女らの「今」と僕の「今」
夏に中学同窓のプチ同窓会みたいなのがあった。
中学の同窓生とは日常的な繋がりは殆どないんだけど、
大事な友人が誘ってくれて参加できた。

女性は変わりますね~。
男性は変わりませんね~。

中学時代ではあまり話した記憶がない友人たちとも気楽にワイワイやれるのは同窓だからか、
お互いに枯れてきている(枯れる:人柄や技芸が深みのある渋さをもつようになる。円熟する)からなのか。

とにかく楽しかった。
代えがたい、この大切なご縁を大切にしたい。
そんな思いもあり、mixiはよーやらんのだけど、
このプチ同窓会を機にマイミクを少しずつ増やしている。

彼ら彼女らの日記から、彼らの「今」(人間性だとか興味の範囲とか)が少し分かる。
中学卒業してからの僕が知らない期間の集大成が「今」なわけで、
そんな彼らの「今」を日記から垣間見ると、感心したり感動したり。
同じ方向を見ている人も何人かいて、素直に嬉しかったり安心したり。

思えば子供のころ(中学時代も含め)の僕は友達を大事にしてなかったなぁ・・・と人生歩むに連れ猛省。
それを卒業後、遠まわしに指摘くれたのが、文頭の友人。
そんなわけもあって、彼は変わらず、僕の人生における大切な友人。

そんな彼にも、こんな僕とも縁をもってくれる皆さんに心から感謝です。。
僕なんか、まだまだっす。。
スポンサーサイト
4日目② 2009年秋 信州~北陸~伊勢ドライブ旅行
さて、今日の予定は
1、行けたら昨日の有明山神社に心を込めてお参り
2、金沢へ向かう途中の長野で「善光寺」をお参り(5月頃、秘仏ご開帳云々で話題)
3、嫁が好きなサスペンス劇場の撮影でよく使われる(らしい)戸隠に行く(せっかくだから、蕎麦と戸隠神社のお参り)
4、金沢へ移動
な感じ。

金沢の実家では恐らく夕飯の準備をしてくれているだろうし、できるだけ早く祖母に子供を見せてあげたいので、金沢到着を17時目指すとしました。

時は既に10時過ぎ。
朝ツアーの後、シャロムヒュッテ内、自然農畑、裏の遊び場などを観察したり遊んだりしていたので遅くなってしまった。
有明山神社に行ってたら、少なくとも1時間程度かかるなぁ・・・。
というわけで、再度お参りできないことを心で詫びながら、すぐに長野(善光寺~戸隠)に向かうことに決定。

のどかな日差しの中、高速でびゅーんと長野ICに到着。
善光寺は長野ICからすぐだった。
事前に何の調べものもせずに臨んでいるので、
適当に駐車場に停めて適当に敷地に入っていきました。
するとすぐに大きな建物(5重の塔みたいな)があった。

「ここじゃーん?」
5月に秘仏ご開帳で有名になってたわりには人がすくなーい。
ブームにだけ乗る日本人の特性だなぁ~などと思ったりして。
ってことで嫁と子供を並ばせて写真やら動画やらを撮影し、いざ中へ。


・・・・そこは資料館でした。。
そりゃ人が少ないわけだー。
(この失態はドキュメンタリーとして、ビデオに録画されている。。。涙。。)

資料館で本堂までの行き方を聞き、行ってみました。

うーん。。正直、大したことない。

人がわんさかいるけど、寺自体が金儲けの臭いがプンプンしており、まったくもって、ノーサンキュー。
ここの本堂には、僕と嫁に関わりがある(と思ってる)地蔵菩薩と弥勒菩薩がいらっしゃったので、楽しみにしてたのに。。(本堂の中はまぁまぁ、、でした)

さっさと戸隠に移動して蕎麦食べよう~ってことになったので、急ぎ戸隠へ!!
お昼に間に合わないかも~と思ってたけど、善光寺から戸隠までは案外近くて14時前には着きました。
何の下調べもしていないまま行ったので、どこが戸隠神社なのか、美味しい蕎麦屋はどこなのか、分からないまま、気付けば「中社」(あとで知ったけど、戸隠神社は奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社のことをいう・・・・らしい)に到着。
中社の目の前の蕎麦屋に長蛇の列。有名な蕎麦だそう。
僕らはちょっと坂を下がったところの、ランチタイム過ぎだからなのかガラガラの蕎麦屋さんに。
何となく応援してあげたい気がして(笑)
お蕎麦は美味しかった。どこも旨いんだろうな。

とにかく今日は金沢に向かわないといけないので、急いで参拝しようと中社へ。
中社には立派な鳥居とちょっと急で長い石段があった。

ここの本殿が清々しくて気持ちよく、時間ないけど奥社にも参拝行きたいなーと思わせるほどでした。
ふと本殿右横奥に高さが7mぐらいの小さな「滝」があることに気付き、軽い気持ちで覗いてみたら素晴らしかった!穏やかに清らかに、まさに神々しい。
「いやぁ~、(神様が)いらっしゃるね~」と手を合わせて拝みました。
美しい自然を感じることで(八百万の)神様を感じられる心持でいられることに感謝。

(まだ続く。。)


Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。