スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日目 2009年秋 信州~北陸~伊勢ドライブ旅行
10/3(土)晴れ
旅行三日目。

上高地温泉ホテルをチェックアウトして、当初予定は黒部ダム観光だったけど、
2歳になる子供に「馬に乗りたい?」って聞くと「うんうん」と頷くため、
ホースランド安曇野にいくことにした。
http://www.jouba.jrao.ne.jp/club/nagano/0800.html
まぁ、黒部ダムは2歳でいくよりももう少し大きくなってから行った方が面白かろう、
そのうち祖父母との旅行でも多分来るだろうし、
ということから判断。


~乗馬シーンの動画 (・・があるイメージで)~


乗馬後、馬にエサをあげたりして、楽しみました。
晴れていたけど、遠くの山々には雲が掛かっていた。
晴れ渡っていたら、こりゃ相当気持ちいいなぁ~。



ホースランドに併設(逆にホースランドが併設?)されている「安曇野スイス村」で
甘~いジュースを試飲。ちょっと甘過ぎるぐらい旨い。
酒飲みとしてはワインが気になるが、試飲も購入も我慢。
お土産でジュースやドレッシングなどを数点購入。

その後、ランチで嫁が行きたいという「Taverna LAPUTA」という、
こじんまりとした小洒落たイタリアンに向かって車を飛ばす。

13時過ぎにお店に到着すると、お店の目の前に何となく寂れているけど
それなりの大きさである「有明山神社」があった。

この神社の参道の目の前には僕らが行くイタリアンのお店のほかに、
車を30台ほど停められそうな駐車場をもったお蕎麦屋さん(「手打ち蕎麦 くるまや」)が
店を構えている。
席が空くのを待つ間に観察していると、蕎麦屋さんは来客がひっきりなし。
よほど評判なんだろう。
イタリアンの方はというと、お店自体がコジンマリしていることや、
居心地がよいためにお客が居座って回転を落としているため、
「ひっきりなし」という感じではない。
でも、自然食に拘った材料とメニューで、美味しい上に好感がもてますね。

しかし、観察していて気になったのは、この2店舗にこれだけ人が来てるのに
だーれも神社に参拝しないということ。。
歴史のある立派な神社のようなのに。。
残念に思ったこともあり、何となく参拝したい気持ちになって、食後に参拝することに。

鳥居の前で一礼し、手水舎で手・口を清め、いざ参拝。
境内の案内板をみると、ここで祀っている神様は、日本の神話で有名な「天の岩戸」を
こじ開けた神様「天手力男神 」だそう。
よ、読めない。。
(あめのたぢからおのみこと)と読むらしい。
憶えられない。。神様の御名前は呪文みたいだ。

この神様についてウィキペディアによると・・
「岩戸隠れの際は岩戸の脇に控えており、アマテラスが岩戸から顔をのぞかせた時、
アマテラスを引きずり出して(『日本書紀』の一書や『古語拾遺』では「引き開けて」)、
世界に明るさが戻った。」
とある。

今回のドライブ旅行後半には天照大神(アマテラス)を祀っている伊勢神宮に
いく予定である僕らとしては、何やらご縁を感じて「導かれているね~」と喜びました(笑)

境内は広く、京都の龍安寺の蹲(つくばい)でも有名な「吾唯足知」のオブジェ?
(開運招福の石)があった。

そのオブジェはくぐれるようになっていたので、とりあえずくぐって、
ゆっくりと気持ちを高めつつ、社殿に向かいましたー。
いよいよ参拝という段になって、急に嫁が
「なんか違う気が流れてる・・・。
違和感がある・・・。
怖い・・」と、いきなりスピリチュアルな発言。

神様の目前まで来て、そんなこと言われても!!
(;゜Д゜)))ガクガクブルブル

「と、とりあえず、感謝の気持ちだけで手を合わせて、すぐ立ち去ろう」と提案し、
二拝二拍手一礼して、失礼ながら早々に退散。

神社にも色々あって、なかには参拝する人たちの悪い気が溜まっている神社もあるそう。
そんな神社の神様は「たたり神」(宮崎駿氏の「もののけ姫」にも出てきてた)に
なったりすることもあって、そんな神社で気軽に手を合わせてしまったら、病気になることもあるそう。
なので、何でもかんでも気軽に参拝しない方がいい(と僕は思ってる)。
もし参拝時に変な感じがしたら、感謝の念だけで参拝して退散するのが一番(らしい)。

ささっと車に乗り込み本日の宿泊先である「舎爐夢ヒュッテ」に向かうことに。
http://www.ultraman.gr.jp/~shalom/

ここはパーマカルチャーを実践している有名なコミュニティ。
途中、木製おもちゃであふれた素敵なお店を見つけて立ち寄ったところ
嫁と店員とで大盛り上がり(笑)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/forest/index.html
あやうく夕食の時間に遅れるところでした~。

夕食はマクロビ。肉類なく、野菜、穀物、豆類オンリー。でもコレが旨い。
自然農の野菜たちは味も濃く、本来の野菜の強さをもったしっかりした野菜になるようだ。


「舎爐夢ヒュッテ」での実地研修内容は、機会を見つけてまた別途ご報告。

ちなみに、雲間から眺めた中秋の名月は素晴らしかったですね~!

スポンサーサイト
Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。