スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(報告)8月22日開催の茶会
もう1ヶ月前になりますが、仲間内でやった茶会の報告です。
というか、知人のブログにアップされたものを引用(笑)
http://ishizuki.jp/weblog/2009/09/27/

湯を沸かすために使ったお水は、茶会の場所を提供してくださった方のご好意で、
水晶岩盤から湧水した水晶水であるミネラルウォーター「岩深水」を大胆に使用!
この水自体がすごく美味しく、かつ超軟水でもあるため、抹茶とすごくマッチ!
「これは凄く美味しい!」とかなり好評でした。
持参した抹茶も結構いいもの使っているので、お水と抹茶の味わいも
丁度良く釣り合ったのだと思います。

こういった機会を作ってくださった皆様、ありがとうございました~。



スポンサーサイト
食べること
人間が活動するための原点(原動力)が「食べる」ことです。
しかし「食べること」を単純に「エネルギーの摂取」としか捉えていないと大きな間違いになります。
食べ物は人間の精神にまで少なからず影響を及ぼしているはずです。例えば漢方やバッチフラワーなどは摂取することで肉体的にも精神的にも好影響を及ぼしますが、ということは逆の作用(悪影響)を及ぼすものもあるはずです。目に見えない、まだ一般的には認識されていない(一部では問題視されています)作用なため、逆により慎重にならねばならないと思います。

ちょっと前に「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」という本で話題になりましたが、添加物の怖さが世間一般でもっと認知されるといいと思います。
国で認められている添加物について、
1、単体の添加物での臨床試験は経ているが、複数同時摂取した場合の影響は誰も調べていない
2、そもそも国や協会の安全保証は信用できない
といえます。
あとは「ジャンクフードの怖さ」。マクドナルドを好きな方には申し訳ないのですが、あれらは薬品漬けでとても怖い食べ物です(恐ろしさがよく分かり、且つ面白い映画「スーパーサイズ・ミー」をお奨めします)。ハンバーガーが1週間放っておいても腐らないんですから。フライドポテトは2週間以上腐らなかったような・・・。

何にしても、自分自身の健康の維持管理(肉体はもちろん、特に精神的に)は必須だと思います。目に見えないものへの影響具合の怖さを充分に認識して、自己防衛しつつコントロールすることが大切です。お金には換えられないもの(健全な精神、肉体)を大切に大切にしていきたいです。
こういった考えが広く認知され、人工添加物などの食品が売れなくなると自然食が進み、自然食品の価格も安定していけばいいなと願うばかりです。

蛇足ですが、食品添加物と同様の悪影響を及ぼすと言われているのが「界面活性剤」です。汚れを落とすための泡立ち製品(シャンプー、洗剤、歯磨き粉など)に使われています。可能な限り、使用を避けられたほうがいいみたいです(きちんとした美容院などでは周知のこと)。
労わり
ちょっと前のことになりますが、テレビのニュースで秋葉原通り魔事件の被害者への献花台設置の最終日の状況が流されていました。特に被害者と関係があったわけでもない一般人の方が「被害者が可哀相で、献花にきました」と20代の若い男性が話していたのを見てショックを受けました。

僕もこれまで他の事件でも同じような光景をニュースで見ていたはずなのに、献花などに訪れたことがありません。正直にいうと、献花に行こうと思ったことすらありませんでした。もちろん「可哀想」とか「酷い」といった憤りは感じていましたが、「友人知人が巻き込まれなくてよかった」などと無意識に「他人事の事件」として捉えていたことに気付きました。
そういった事件に巻き込まれることなく、日常生活を送れていること自体が奇跡なのに。
日常に感謝し続けるべきことなのに。

戦争の悲惨さはもちろん、日常にも理不尽な事件が多発し、その度に罪のない犠牲者が出ています。その被害者は当然自分達のご先祖様ではありませんが、同じ人間としてせめて彼ら彼女らの成仏を祈ることはできるなぁ、本当に平和を願うとはそういった行動に現れるのではないかなぁなどと自問自答するきっかけになりました。

そういったことを通じ、最近意識している言葉ですが「生かして頂いてありがとうございます」と色んな意味で感じます。その中で多くを気付き、心を込めて社会に貢献できることを一つでも出来る範囲でやりたいと思います。
子はかすがい
仕事と家庭のバランス。
仕事に邁進できるのは、心から休まる家庭・家族があってのこと。
仕事に燃えていると、家庭の大切さが見えなくなることが多い。
空気、水、太陽と同じで、「あって当たり前」と無意識に思ってしまうんだろう。
いつでも壊れてしまう、儚いものなのに。
だからこそ、日々のケアが必要なのに。
「子はかすがい」を感じる、今日この頃。

感動したメッセージをweb上に見つけたので、ここで紹介。

******ここから引用*******
 「いてくれるだけでいい」

今、みなさんの身近にはどんな人がいますか。

おとうさん、おかあさん、妻、夫、子供、兄弟、親戚、おじいさん、
おばあさん・・・
恋人、友人、会社関係の人・・・
みんなみんな、自分の周りに自分と同じ時を生きてくれています。
ありがたいことですね・・・
みんなみんな、自分にとって大切な存在です。
どんなに愛し合っていても・・・
どんなに憎みあっていても・・・
いてくれるだけでいい・・・
いてくれるだけでありがたい・・・

また、天使の息子宗一郎のお話をしますね。
彼は、平成十年三月三十一日光の世界に帰りました。
最後の3ヶ月間は、実は病院ではなく自宅で過ごしました。
その時のわたしたちは、必死でした。
なんとかして、病気を治してもとの元気な宗一郎になってほしかったんです。
サイマティックという音で病気を治す器械も購入して使いました。
その他多くのことをやりました。

でも今から思えば、もっともっといっしょに楽しんであげればよかったと
思います。
日に日にやせ衰え、痛みに苦しむ息子を私たち夫婦は、精一杯看病しました。

自分では歩くこともできない息子を背中におんぶして、お風呂にそのままの
姿で入った時、痛みが少しやわらいだ息子の顔はとても幸せそうでした。
支えているわたしも泣きながら、お風呂につかっていました。
いてくれるだけでうれしい!!!
生きていてくれるだけでありがたい!!!

夜は、私と妻の間になって寝るのですが、30分ごとに訪れる痛みをやわら
げるためにわたしたちは、宗一郎の体の位置を変えてさすってやりました。
正直いって、とても辛かったです・・・
でも・・・でも・・・
いてくれるだけでいい・・・
彼がいなくなることがこわかったんでしょうね。

辛い痛みのなかでもできるだけわたしたちに、笑顔をみせようとしていた子
でした。
「おかあさん、ごめんね」
「もっと、元気だったらおかあさん、おとうさんも疲れないのにね」
「おかあさん、ぼくもっと生きたいよ!!!」
痛みがでると、サイマティックでその痛みをやわらげてあげました。
もう、これはいけないなと思い、病院へ連れてゆく車中で・・・
意識があまりさだかではない宗一郎がこう言うんです。
「おとうさん、おかあさん」
「信じあって・助け合って・分かり合って生きてゆくんだよ」
「悲しい時や苦しい時ほど、笑うんだよ」
「自分をせめることが、一番いけないことなんだよ」
などとつよい口調でわたしたちに言うのです。
病院での最後の時・・・
たんが気道を満たして声にならない声で・・・
最後の一言が・・・
「あ り が と う 」なんです。
あさひが昇るときに彼は、静かに光の世界に旅立ちました。

それまで、全身の痛みで抱くことができなかったんですが、最後は母親に
抱かれながら静かに息をひきとりました。
わたしたちは、とても大きな贈り物を宗一郎からいただきました。

まだまだ、未熟者のわたしですが、少しずつでもいいからみなさまにも伝え
させていただければ幸せです。
そこに、あなたはいてくれるだけで幸せです。

光の天使の宗一郎に感謝いたします。

ありがとうございます。
******ここまで引用*******
(引用:http://www10.plala.or.jp/runrun-nana/newpage36.html)
パーマカルチャー
少し前からパーマカルチャーに興味を持ち、実践準備のために関連した本を読んでる。
2~3年内には極力低リスクで生活の軸足を移すためには、今から準備しておかないとね。
遅いぐらいだけど、そこはやる気と知恵と感性でカバー!

ちなみに今、自然農への動機付けを強くするために読んでいる本は、
少し前の本だけど「複合汚染」(有吉佐和子著)。
これ、もの凄く面白い。

もともと無添加にこだわった生活をしているけど、普通だと思っていた生活が
これほどヤバイものだとは知らなかった。
知らずに危険なことを選択するのと、知って選択するのでは大違い。
事実に基づいた正しい知識を得ることの重要性を、また1つ実感とともに学んだ。

自然農が肝だなぁ。
手を加えないで手間が掛からない(イメージ)とはいえ、自然が相手なので
そんなに簡単にいくわけがない。
来月から継続的に、知り合いの農園(有機無農薬栽培!)の
畑仕事も手伝いにいって、実践的な知識と経験を積んでいく野望も(笑)


しかし、学生時代の僕を知っている人は、今の僕の考えや取組み方針に
びっくりするだろうなぁ~。


そうそう、実際にパーマカルチャーに取り組んでいるコミュニティが安曇野にあり、
その「舎爐夢(シャロム)ヒュッテ」という宿泊施設に10月上旬に宿泊する予定。
じっくりと観察してこよう。

また、最近知人が津久井湖周辺に別荘を購入した!
まだ見てないけど、絶景らしい~。
仲間でそこのリフォーム(プチセルフビルド?というかDIYかw)をしていく予定。
和室もあるそうなので、そこで茶会をやらせてもらえるそうだし。
縁側もある(作るのかな?)らしいので、楽しみ。

何よりも、その知人も僕同様パーマカルチャーに興味がある!

そこで実践的な準備をさせてもらえる!

物事が、望む方向に向かって少しずつ繋がっていく。

まっすぐ前向いて、信じる道を進もう!
家族と一緒に。

全てに心から感謝。
宗玄の会
9月6日の夜、真菜板企画の「宗玄の会」が一久庵@池袋で催されました。
僕も大好きな宗玄(しかも石川の人間としての思い入れ満点!)、
そこの名杜氏である坂口さんの復活を祝って、
坂口杜氏と大門営業部長を囲っての会だった。
35名程度の常連さんが集い、そりゃもう楽しくて美味しくて飲みすぎた会になりました!

顔見知りの常連の方々や、お会いしたことはないけど僕にとっての(一般的にもですが)有名人など、
多くの方がお祝いに駆けつけました。
(既に来られた方の何人かがご自身のブログで更新されてますね~。)

心がある、皆さんの心の篭った、本当に素敵な会でした。
間違いなく言えることは、宗玄を、純米無ろ過生原酒を、心から愛する人たちが集い、
その心が合わさった時間でした。

このような会に招かれ、皆さんと心を合わせられ、場を共有できたことが嬉しいです。
純米無ろ過生原酒を愛する心、愛だなぁ・・。
一升瓶専用の冷蔵庫が欲しいなぁ・・。

(9/9:後で家内に相談したら買ってよしとのこと。やったーっ!
とりあえず、クリスマスまでは我慢してみよう。物欲のセルフコントールぐらいできないと・・ね。)
(備忘:レマコム 冷蔵ショーケース 100リットルタイプ RCS-100)
漆黒の宝石ジェット
僕が常に左手に着けているのはジェットのブレスレット。
「ジェット」とは真珠と同じく、人類が発見した最初の宝石のひとつ。
ジェットは、今から1億8千万円(ジュラ紀)の木が化石化したもので、自然にできた有機炭素。
例えるなら、部屋の空気などを浄化するために置く「炭」と同じような役割をもつ。
ジェットは、悪い気や嫌な空気を浄化したり、寄せ付けなかったり、身代わりになる効果がある。
その効果から、人工的に有機炭素を作り出せないかを研究している機関もあるぐらい。

その歴史は古く、原始時代から魔よけ効果を持つ石として、装飾品などに利用されてきた。
イギリスのウィットビーで産出された「ウィットビージェット」が最高品質であり、
有名なエピソードは、18世紀イギリスのヴィクトリア女王が愛用して流行したことがある。

ウィットビー鉱山もすでに閉山し、ジェットは幻の宝石になったが、近年、中国でもジェットを
産出する鉱山が見つかり、その品質もウィットビー産に負けないほどの品質だった。
しかしその鉱山もすべて掘り尽くされてしまって最近閉山したらしい。
ちなみに、僕が今しているジェットのブレスレットはこの中国産のもの。


ちなみに、石にも原石を削りだす場所によって品質が異なる。
マグロに例えると分かりやすい。
マグロも部位によって美味さや値段が違うのはご存知の通り。
さらに、同じトロでも切る場所によって品質・値段が違う。
同じ料理・ネタでも、安い昼のランチよりも夜の方が味も値段もいい。
宝石の原石も同じで、同名の石でも色んな大きさ・値段があるのは
品質(効果)が違うから。

今回、ウィットビー産のジェットのデットストックが見つかり、その品質にしては安く販売されている。
http://last-whitbyjet.com/top.html
高価な品だけど、その効果は自分自身で実感済みなので、僕と家内の分を一つずつ
購入しようかと思っている。
今後、ウィットビー産のジェットはこんなに出回らないはずなので、今のうちに。
将来、必要ならば子供に譲って上げられるし。
興味のある方がいたら連絡ください。僕はお得意様価格で買えるので。
ちなみに、年内一杯は在庫(全部で2000本ちょっと)はあるだろうってこと。


ちなみに、このお店はこのジェットで儲けたくないからこの価格にしているって話。
(それでも高価なのは変わりが無いけどねw)
こういった商品は、その効果の分かりにくさから、紛い物やらいかがわしいものがたくさんある。
「良貨が悪貨を駆逐する」精神で頑張りたいそうだ。
お店がもつ在庫を全部欲しいといってくる他店もあるらしいけど、全部断っているそう。
必要以上に高く転売されるからだそう。
本当にいいものなのに、価値の分かる普通の人たちが、余計に手が届きにくくなることが
嫌なんだそう。
そういう考えは共感するし、応援したいなぁ。

Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。