スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず必要なのは我慢でも自己犠牲でもない。
子育ては実に大変なこと。
それを口に出すことに罪悪感を感じる、感じさせる風潮自体が間違っていること。
たまに、自分で子育てをしたことがない年配の女性が知った風に奇麗ごとを話すのを聞くが、間違っている。
子育ては間違いなく重労働。それも、精神的にも厳しい肉体労働です。
人前でそう言い切るにはまだ多少の勇気がいる風潮かもしれませんが、声に出して家族(特に旦那さん)の理解を得ることも時には必要。

とはいっても、子育ては楽しい側面も間違いなくあります。無条件に可愛いし。
ただ心底そう思うには、親が受身で子育て(子育ての知識をつけない。子育てさせられてる。やりたいことができない。)していたら難しいでしょうね。
積極的に知識をつけ(るための時間を確保する努力もす)るには、精神的に余裕がないと難しいです。

子育てで何よりも必要なこと・大切なことは「「我慢」や「自己犠牲」ではなく、お母さんの精神(気持ち)のバランスを保つための家族の努力・協力です。
我慢とか自己犠牲は、その先にある「手段の一つ」でしかないんですよ。
お母さんがストレスフルではなく、精神的にも安定した生活を送ること、それが子供がのびのびと愛情豊かに育つ環境を創ります。


面白い本を読みました。それには、「赤ちゃんが日々色んな行動を通じて様々な発見をしている」と記載がありました。
例えば、赤ちゃんの前の机に物が置いてあって、赤ちゃんがそれを手で払い落としてしまった。
大人はそれを拾って、また前に置いてあげる。それなのに、赤ちゃんは、またすぐ払い落としてしまう。
これの繰り返し・・・。
普通の大人であればイライラしますよね。
でもね、そういった赤ちゃんの行動には理由があるんです。
赤ちゃんは、その行動の繰り返しで日々「発見」をしてるんです。
目の前にあった物が「視界から消えた」=「無くなってしまった」という発見を。
そして、無くなったと思ったものが、実は(見えなくなっただけで)存在していたということを、そのときの行動で発見してるんですねー。

それを知ってから、赤ちゃんの非効率的で無意味にみえる行動に意義を感じ、その行動を可愛いと思い、些細なことでも一つできるようになったことがとても嬉しいと感じる。
毎日、そう感じるようになりました。

僕ら家族は今日も幸せ。







スポンサーサイト
パパトコの抽選でTDSチケットが当たりました(笑)
先日こちらのブログでも紹介した「パパトコ」という父親による育児を応援するサイトで、ディズニーシーのパスポートが家族分当たりました(やったー)!
そのお知らせメールに「喜びの声」を記載する欄があったので、下記のような内容を記載しました。
書いているうちに熱くなって、「喜びの声」から若干の路線変更がありましたが、まぁいいかと(笑)


【喜びの声】

こんにちは。
今回当選できて嬉しいです。
家族も非常に喜んでおります。
タイミングをみて家族で行こうと思います。
ありがとうございました。

自分にも5ヶ月になる男の子がいます。
初めての育児を通じ、今まで考えもしなかったようなことに直面し
、その度に考えさせえられ、時には決断を迫られています。また、いかに育児の負担が大きいか、育児がどれほどの重労働なのかを知りました。
他にも例えば、育児方針も家庭によって様ざまで、方針についての話題は意外とセンシティブだと感じるようになってきました。それに、先に教えてくれればとても助かるような知識・知恵を、適宜教えてくれる機会(病院、保健所などにおいても)が実は非常に少ないんですよね。これらは知らなければ知らないままで済んでしまう(捉え方によっては「問題の潜在化」ですけど・・)、積極的にこちらから働きかけても必ずしも手に入るわけでもなく、何らかのきっかけで知ったときには「もっと早く教えてよ・・・」ということもよくあります。ですが、先に「知った人」「知っている人」は積極的にそれらを生活や育児方針に取り入れ、口コミから情報を集めて「活動」しているんですよね。
どっちが良い悪いということではないこともありますが、これからの日本の状況を考えたときに、育児環境が、全体として体系化された知識の蓄積と提供がなされる環境が整えばいいなぁと思います。私もいずれ、そういったことの一助になれるような存在になりたいと考えています。

そういったことを、まずは社会の最小構成単位である「我が家族」で実現するためにも、私が旦那として普段心がけていることがあります。

お子さんを持つ世の旦那様方、ご自分の奥さんを充分に労わってあげてくださいネ。恐らく、パパトコをご覧になっている旦那様方は問題ないと信じていますが(笑)


私よりも先に走り出している「パパトコ」さんには、期待しています。
これからも「パパトコ」応援しますよっ。
(軽く書こうと思っていたのですが、熱くなってつい長くなってしまいました・・)

以上です。
Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。