スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(誉?)旦那として僕が認識していること。
「子育ては大変っていうのは分かる。けども、旦那だって仕事してて色々大変なんだよ。」
というのも確かにあります。
「疲れて帰ったところに、自分のしたいこともできずに子育てしろっていうの?」
とかね。

でもね、外に出て色んな人と関って仕事するっていうことだけでもいい刺激なんですよね。
仕事でいいこともあれば、嫌なことあって。それって「刺激」ですよね。
しかも、ある程度のことであれば自分でコントロールできる。
息抜きしようと思ったら何とかできるでしょう。

独りで家で子育てするのって、大変なわりにそこまで刺激ないんですよね、実際。
それに、いつ泣くか分からない子供が傍にいての息抜きは無理。
極論を言えば、お母さんの本当の息抜きは無理。
(例え子供を預けて出掛けたとしても、外出先で子供のことが気になってしまいますもん)

さらに子育て自体が自分を犠牲にすることが多いわけで、そういったストレスを上手に発散できる場を「子育て」に探すのは困難でしょう。
かといって、お母さんが子供つれて独りで外出するのは、これまた結構重労働。
子供生まれる前に街中のバリアフリーを何となく観察してはいましたが、実際にベビーカーで街中を歩くともう大変!!

つまり、子育てって、旦那さんが頭で想像しているものよりもよっぽど大変。
はっきり言って、旦那の仕事よりも苛酷な環境におかれていますよ、子育てしているお母さん方は!


それを理解できていない(されていない)ご家庭では、こんなことが・・・
旦那さんが仕事で疲れて帰ってきて、お母さんもストレス一杯で疲れて出迎える。
お母さんは独りで家にいるので大人の誰かとせめて会話ぐらいしたい。
(そもそも女性は話すことは生きる上ですっごい大切・・・らしいですし)
でも旦那さんは疲れているのでゆっくりしたい。
話を聞こうとしても、刺激の無い環境での出来事を聞かされがちなので、話の内容も大して面白くない。
なので聞きたくない。
聞いてくれないお母さんはさらにストレスが溜まる一方で、ますます子育てが負担になって、旦那さんへの不満も募ってしまう。
そんな家の雰囲気って殺伐としていって、ますます・・・。
最悪、旦那さんが家に帰りたくなくなって浮気・・・とかとかも当然おこるでしょう。
もう最悪。すべてが悪循環です。
どっちかが相手の状況と立場を理解して受け入れないと、この局面を打開するのは極めて困難でしょう。

じゃあ、どっちが受け入れるの???

僕は、やはり旦那さんが受け入れる方がいいと思いますね。
それによる効果を一言でいうと、もともとちゃんと愛のある結婚生活であれば、ちゃんと明るい家庭になって幸せ感が増すでしょう!それゆえ、旦那さんの仕事も捗るでしょう!
なぜなら、家族が原点だから・・・(これについては、皆さんの反応があれば別の機会に・・)


そこで僕が普段心がけていることは・・・

(長くなったので、また次回。というか、最初に思ったよりも随分長文になってきてしまっている・・・どうしよう。。)


スポンサーサイト
(誉?)子育てって、これは大変な負荷よ。
(先日の続き)

その意見、、、というか僕の認識(?)というのは、
1、子供は可愛いけど、子育てはストレスにもなる。
2、家に篭って子供の世話だけ・・・は精神的に病んじゃう。
3、子育ては24時間体制!休めるのは、旦那が子供の面倒をみてくれている時だけ。

つまり、子供はもちろん可愛いし、何よりも大切な存在であることは揺るぎがないけど、お母さんだって(もちろんお父さんだって)「気持ち」を持った同じ人間だもの、制約の多い子育てはストレスにもなり得りますよ。
乳幼児は言葉もわからないし、訳も分からず泣き止まないこともあるし、大人の都合通りになってくれません。
それと同時に、お母さんは家事だって有る程度はやらざるを得ない状況が殆どでしょう。
そりゃ、大変です。

妻が絶対安静を医者に指示されて寝たきり状態だったときに、家事と仕事と両方やったときがありました。
そこで実感したのは、ほんの些細なことでも手伝ってくれると大助かり!
大袈裟でなくて、全自動洗濯機のボタン一つ押してもらうだけでも助かる!
家事って、大変だと実感した貴重な経験でした。


(長くなったから、続きはまた次回・・)

(誉?)雑誌デビュー!
みーくんと妻が雑誌デビュー!
といっても、フリーペーパーの取材に応えただけ。
しかも他人取材に便乗(笑)

妻が今月参加していたエクササイズのクラスに取材がきて、体験者として自ら希望して取材を受けたらしい。
妻は、結婚してから随分と明るく(もともと明るかったけど・・)、積極的にグイグイ行くようになった。
これはいいこと。

エクササイズのクラスで先生が話していたらしいけど、奥さんがエクササイズなどに参加することを反対する旦那さんが凄く多いらしい。奥さんが参加希望なのに、結局旦那さんの反対で断念している人がとても多いんだって。
そんななか、旦那である僕が積極的にクラスに問い合わせたり、料金振込みをしたことが珍しいらしく、他の旦那さんの理解のきっかけにならないものかと意見(感想?)を求められた。

今仕事が忙しいが、メールで返答してあげようかな・・・なんて思ってる僕は、どこまで人が好いんだと多少自嘲(苦笑)

その意見とは・・・?
(次回に続く)
生後2ヶ月ちょっとで勃起!
ちょっとシモネタなんです。。

もう、タイトル通り。
生後2ヶ月ちょっとで、ウチのみーくんが勃起してたんです。
最初に発見したのは10/10の朝。
いわゆる朝立ち。。

考えてみたら、もちろん皮被ってるんですけど、先っちょに皮が余ってなくて尖がってる(?)。

うーん。。



まぁ、面白いから写真に撮ろうとしてるんだけど、すぐにしぼんでしまう。
でも、ちゃんと堅い(笑)
あれから何度か発見するたびにすぐにママを呼ぶんだけど、なかなか見せることができず。
ようやく先日見せることと触ることに成功!
驚いてた(笑)


外に連れ出すと、可愛い女性が近づくと「ピタッ」と泣き止むし。
すでに面食い党ですか、キミも。。
可愛らしい顔して・・・(笑)



タバコやめて
3年半ぐらい経つ。
吸ってた頃は、旨いと思うことも確かにあったが、口が寂しいからという理由が主で、吸うとチェーンスモーカー。
禁煙はこれまで「何度も」成功した。
軽く数ヶ月~半年は吸わずにいられた。
まだいつでも止められるなと思っては、何度も吸い始めた。
ドイツにおける30年かけた研究結果により、タバコ1本で寿命が5分縮むという発表が記事になるまでは。。


いつかブログに記述するが、仕事と結婚で人生のほぼ100%を占める(もちろん既婚者が対象)。
僕は最高のパートナーと知り合え、正直、とても幸せな結婚をすることができた。
好きだと思える友人もそれなりにいるし、彼ら彼女らと知り合えて過ごしてこれたことに感謝し、幸せだと感じている。
そんな何よりも大切な家族や大好きな友人達と、少しでも長く人生をともに過ごしたいと思ったとき、タバコは「やめられる」存在から「やめたい」対象になった。

タバコを止めて1週間は少しだけキツイ。タバコが吸いたいと比較的強い欲求がある。それさえ超えれば、あとは楽勝!
・・・だと思ってた。今思うと、数ヶ月~半年スパンで、タバコが吸いたいという強い欲求がきてたんだな。それを「あぁ、いつでも止められるようだから、これで吸っても大丈夫だな」などと自己弁護して、禁煙に「失敗」してきたんだな。

もう一つ気付いたこと。
人って、「それ」とは別の強烈な欲求や目的、モチベーションがあると、「それ」を簡単に克服できるのね。

「家族と皆と長生きしたい!タバコ止めよう!」と強烈に思った瞬間から、全くタバコを吸いたいと思わない。
手を伸ばせばいくらでもタバコは吸える。友人や同僚と飲みに行くと、誰かしら必ず吸っている。もらいタバコだっていくらだって可能だ。
ごくごくたまに、旨そうにタバコを吸っている人がいると一本欲しくなるときもある。学生だったころの楽しく遊んでた頃の思い出も一緒に感じられる、そんなタバコを感じたときは吸いたくなるなー。

それでも吸わないよー。
この幸せを出きるだけ長く続けていたいから!それはこれから大きくなるみーくんにとっても同じこと。
家族の安全、健康が幸せの基本。






母親同士が集まったときの話題について。
先日、家内が出産前後の奥さんを対象にしたエクササイズに参加してきた。
10名程度の参加者で、殆どが出産後のお母さんたち。
エクササイズの後のランチでいろいろと子供に対する不安だとか旦那への愚痴やらを
楽しく?おしゃべりしてきたらしい。


夜になってその話を聞いて面白いなーと思った話題。
シモネタですが・・・。


そのパワーランチの議題は、「男児のアソコの皮を剥いてあげるか、そのままにしておくか」
お、奥さーん!真昼間からそんなテーマでディスカッションですかーっ(笑)
しかし、これは男の身としても迷いますねー。

その場では色んな意見が出たらしいです。

[剥く派主張]
とにかく皮かむりのままだと問題アリ。
かといって、必ず剥けるとも限らないらしい。
皮かむりだと、そこにばい菌が繁殖してよろしくない・・・など

[剥かない派主張]
自然が一番。
自分で「一皮剥ける」試練を超えた方がよい。
実際の体験談として、我が子の皮を剥いてあげたら中学生のときに感謝された・・・など

果たしてどちらが正しいのか!
誰一人として実際には「皮」を持ったこともない淑女な奥様方に、
思春期の男子の悩みが分かるわけないということは置いておいて。。
ここで面白かったのが、どの夫婦も旦那とこの話題で議論・・・というか、
興味や好奇心からか旦那にいろいろ聞き込みしている事実!
どこのオナゴも一緒ですな(笑)
(男性は、女性独特の機能について好奇心や興味から女性自身に根掘り葉掘り聞いたりしないぞ・・)

こんな話題で引っ張るのもなんなので、いきなり個人的な見解を。。
結論からいうと、剥かないほうがいいと思いまーす。
毛も生えていないのにアソコだけ一人前に剥けてると、そりゃ変ですよ、アナタ。
それにね、多分誰も気付いていないと思うんだけど、早くから剥けちゃってると、遅漏になっちゃいますよ、
お宅の息子さんは。
早漏なんてものは、経験と気持ちの成熟度でいくらでも直ります(多分)。
まぁ、小さい頃に一旦剥ききって元に戻すって荒技もあんのかな。。(笑)

2時間かけても男性がなかなかイケず、挙句の果てに女の子に寝られるという悲しい出来事を聞いたことがあります。。(痛がられるよりもイタイですな・・・)


初めてのお子さんを持つと、やはり色々と、小さいことまで気になったり心配したりするわけですな(笑)
無論、我が家も同様です。

今宵もまた、妻の小さな心配事に耳を傾けてみましょう。。

発覚!お風呂で・・・。
写真があった方が分かりやすいし面白いブログだとは思うのだけど、写真をこまめに撮影せず、写メも撮らない僕としては、ブログの更新もナカナカ難しい感じ。・・という言い訳を(笑)

みーくんを一緒の浴槽でお風呂に入りはじめてから数週間経ちます。
向かい合う感じで頭を持ってプカプカ浮かせていました。(これが結構浮くんですな。。)

最近はそれも手が疲れてくるので、カンガルー抱っこ的な感じで抱っこしながら湯船に浸かっています。
手でみーくんの股間を押さえながら。



この間、股間を押さえている手に、お風呂の流れとは全く別の流水感を感じました。
おっと・・、これはまさか・・・!

おしっこ、じょー。

思えば僕も、親に悟られずに結構してましたよ、おしっこ。湯船で。
遠い記憶を辿ると、僕が小さい頃湯船でこっそりおしっこしてるとき、父が「身体を洗うよー」といきなり湯船から身体を持ち上げられてしまい、「じょーーー」という音を発しながら見事な放物線を見られたのを思い出します。。

次の日も股間に手を置いて検証してみましたが、やはりしてました。
ほぼ毎日してるな、こりゃ。。


話せば分かる年になったら、ちゃんと話して聞かせよう。
おしっこは、せめてオムツでしてください。


9時間!
最近良く寝てくれる。
生まれてすぐは、夜中も2~3時間おきには泣いていたのに。
だんだん、だんだん寝る時間が長くなっていき、昨日はついに9時間も寝てくれた!

いやぁ、ママ、随分楽になったよね。
これまでよく、毎夜毎夜対応してくれたね。
どうもありがとう。

ママはよく言うね、みーくんはホントにいい子だって。
僕もそう思います。
もうちょっと言うと、みーくんがいい子なのはママのお陰だよ。
母乳をあげてるとき、おむつを替えるとき、寝かしつけるとき、ご飯食べているとき、いつでも
笑顔でみーくんに接してあげて、話し掛けてあげてるよね。
ママに抱かれているみーくんは、すごく安心して気持ちよさそうにしているよね。

お腹にいるときにも、ママはまだ見ぬみーくんに話し掛けていたよね。
いい子で生まれてきてね、くるくる回りながら出て来るんだよ、パパに似てくれると嬉しいな。
全部その通りになってるね。
お産も、分娩室に入ってから2分で生まれちゃったし(笑)、僕に似ているし。僕はママに似て欲しかったけどなぁ。。(笑)

今、みーくんがいい子なのは、8割以上はママのお陰だと思ってます。
僕ももちろん育児も家事も手伝っているけど、大きなところはママのお陰。
どうもありがとう。心の底から感謝しています。

ママと出会えたことに何よりも感謝!!



我が家で焼肉。
昨夜は我が家で焼肉をやりました。
みーくんは目を覚ましていて、最近は独りでいるのを嫌がる(?)ので「ゆらゆら(揺りベット?)」に乗せて食卓の傍へ連れてくることにしました。

大人しく焼肉を食すパパとママを見ていたら、


ジュルリ・・


よだれを垂らし始めて、泣き始めました。
そりゃ、美味しそうに食べてたら、乳飲み子でも食べたくもなるよねー。

パパとママで交代であやしながら焼肉終了~。
・・・同時に泣き止むみーくん。

ほっほっほ、分かりやすいねぇ(笑)


デザートとして、先日頂いた果物をママが出してくれました。
これまたウマー!!


・・・同時に泣き出すみーくん。。
やっぱり食べたいんですねぇ。。

早く大きくなって、一緒に食卓を囲もうぜ!
いつか、お酒も一緒に仲良く飲みたいなぁ。


Copyright © 2017 和茶酒(おちゃけ)ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。